初めての方へ

鍼師・灸師・あんま、マッサージ、指圧師は、法で定められた学校を卒業し、国家試験に合格し、厚生労働省から 医療者として免許を取得した者です。

鍼灸とは…?

鍼(はり)施術

hari02直径0.1~0.24mmの極めて細いステンレス製の針をツボに刺入します。
ハリの言葉から受けるイメージは、”縫針””注射針”で”痛み”を感じさせています。ですから、”ハリは痛くない”と答えても、なかなか信用されません。

普通熟練した鍼灸師であれば、刺した時の痛みはほとんどなく、むしろ部位によってはとても気持ちがよいものです。技術の上手、下手の第一の基準は痛くなく刺せるかどうかにあります。個々の患者の感受性や体質、病状などを考慮して治療をするのが真の鍼治療だからです。
しかし、針刺入時の特有の感覚(ズ-ンと重くなったり、だるくなったりする感覚)は痛覚と混同され易いのですが、得気といって、その時の方が良く効くのです。鍼治療したあと、けだるさが残ることもありますが、一時的なもので心配はありません。むしろけだるさの後、かえってサッパリして、軽快感に変わることが多いのです。また、実際のハリ先には工夫がしてあり、”縫針”や”注射針”の鋭利なハリ先とは違い、ちょうど蚊のくちばしに似させて刺入時に出来るだけ痛くない様にしてあるのです。ですからご心配なく治療をお受け下さい。

お灸(きゆう)施術

kyuu01「もぐさ」というよもぎの葉裏の綿毛だけを集めたものを、ツボのある皮膚の上に乗せて着火する施術です。皮膚との間を空けて行う間接灸もあります。火傷などを起こさないように配慮することで、心地よく施術を受けることができます。

灸って熱くないの?
左の図のように、もぐさの燃焼温度は約60度Cと、他の物と比べても燃焼温度が低い事が
わかます。良質のもぐさほど燃焼温度は低いのです。灸治療は、疾患によって各種の方法を
用いて施術を行います。穴(ツボ)の上に乗せるもぐさの大きさは、小豆大、米粒大、
半米粒大、糸状等あります。字のごとくかなり小さいものです。また、熱が激しく感じる
ところで消し取る方法もあり、出来るだけ皮膚の火傷を最小限にして、熱さを調節いたします。
その他、直接皮膚にもぐさを乗せずに、間接灸(塩灸、しょうが灸、ニンニク灸等)
・温灸もあります。

つぼ(穴)とは?

穴(つぼ)とは、鍼灸を施す皮膚上の刺激部位をいいます。穴は経穴、奇穴、阿是穴等に分類されていて、現代医学から見た穴は、大体 ヘッド氏帯 の最高知覚過敏点、即ち、表在知覚点及び 小野寺氏圧点 の様な深部知覚点、その他の病気に出現する種々な過敏点、圧痛点、連関痛点と一致するものが多い点の事をいいます

あん摩とは?

あん摩術は徒手による力学的(機械的)刺激を生体に及ぼし一定の生体反応を生じて、生体の示す変調を矯正し、また疾病治療に寄与する方法です。
中国に起こり日本に渡来した手技であって、漢方医術の一分科として発達し、経絡経穴説を論拠としています。生体の経絡流注系における気、血の過不足なき流注を治療目的とする東洋医術、虚実補瀉の施術です。

マッサージとは?

近世フランスに起こり、明治の中期に日本に輸入された施術であって、学理研究の結果医療上重要性が認められ、医療補助として広く医療、保健衛生の面に応用されています。

あん摩とマッサージの違いとは?

あん摩は、遠心性(指先に向っての施術)に行い、薬品を用いません。
・マッサージは、求心性(心臓に向っての施術)に行い、時としてタルク、クリーム、オイル等を用います。

指圧とは?

柔道の活法、導引、古来のあん摩法より発展した独特の経験施術であり、また大正初期、米国の各種整体療術の学理と手法を吸収し今日に至った施術です。

 

[一般社団法人  愛知県鍼灸マッサージ師会 HPより]